今回は国際的環境問題の1つでもある、環境問題による生態系、生物多様性の破壊について書いていきたいと思います。 地球には三千万種以上の生物が存在してると言われています。これらの生物からなる生態系は地球の誕生した四十億年前から形成されています。しかし、我々人類が誕生してから生態系は少しずつ変化しつつあります。近年では、環境問題による生物多様性の減退、生態系の破壊などが深刻な問題として世界でも取り上げられています。環境問題による、これらの原因は主に三つ存在します。一つ目は森林伐採です。森林伐採を行うと木に 住む昆虫などの生態系はもちろん破壊されます。その昆虫などが消えてしまうと、その昆虫を食べる小動物などにも被害が加わります。このように森林伐採は森林全体の生態系を破壊してしまうのです。また、それと同時に木には温室効果ガスを中和する役割を持っているため、地球温暖化の原因にもなってしまいます。森林伐採は直接的に生態系を破壊し、間接的に地球温暖化を進めてしまっているのです。こ のように見てみると環境汚染と生態系の破壊は密接に関係しているのである。例えば、海上で船など がなんらかの事故により沈没した場合。船から流れる油やガソリンなどで海は汚れ、海中にいる生物 の生態系に大きな被害をもたらしてしまう。 さらに、少し距離を置いて見ると、人口増加も生態系の破壊の大きな問題となってくる。地球上には 豊富な資源や食料などが存在するが、どれも無限にあるわけではない。限界があるわけだ。しかし、 この先、人口があまりにも増加してしまった場合、もちろん人口に比例して資源、食料などは必要とな るので、森林伐採や乱獲などが起こり環境問題、生態系にまで被害が及んでしまいます。世界人口白書に よると、地球では約1年2ヶ月の間におよそ1億人もの人口が増加しています。このままのペースで人口 増加が進んで行くと2050年には100億人にも迫ると言われています。

さらに、日本などの経済発展国では人口の増加はあまり進んでおらず、経済的に貧しい国での人口の増 加が増えてきています。そして近年、開発に伴う環境破壊、生態系の破壊が大きく目立っています。牧畜農 業などは家族が一人増えるたびに家畜を4頭追加しないと生計を立てられません。そのためには広大な 面積の草地が必要とされます。農家が仮に過剰飼育などをした場合は牧畜農業における草地の砂漠化が 発生してしまう。このような状況になってしまうと環境破壊はもちろんその地域に生息する生物、生物 多様性にまで影響が及んでしまいます。また、問題となってくるのは、生物多様性を安全に保護する法律 や条約などは多くの国では未だに整備されていないということです。私はこのような環境問題に対して人類一人一人が真撃に対処していくべきだと考えています。

<広告>
マッサージのリアル口コミ.com|心の童話|健康マニアによる無病ライフ|JALカード|主婦の在宅ワーク|生命保険の口コミ.COM|女性向けエステ.com|英語上達の秘訣|童話|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|FXシストレ比較|オーディオ|ショッピングカート|